藤田屋

大きさと甘さのバランス

ほんとうは、もっと日持ちのするつくり方もあるのですが。

藤田屋の大あんまきの消費期限は、お求めの翌日まで。
例えば餡に入れる砂糖の量を増やせば、
もっと日持ちのするようにつくることもできます。
けれどもそうすると、あの大きさと、最後までおいしく食べられる
控えめな甘さを守ることはできません。
たくさん売ることよりも、おいしく売ることを大切にしています。